変わるべきニッポン、守るべき日本。自由民主党:衆議院議員伊藤公介

トーク&トーク
伊藤公介トップ > トーク&トーク > 公友ニュースNo147町田版  8月15日
公友ニュースNo147町田版  8月15日

公友ニュースNo147町田版  8月15日

消費増税をはじめ社会保障関連法案が可決されてしまいました。
メディアなどで皆さんの街角インタビューなどを見て、
急速な少子高齢化へ向かう日本において、社会保障の安定的財源確保や、
財政再建に向けて対策を打っているという外向きへのアピールも大事で、
増税に一定の理解を示されている報道を少なからず見ます。
しかし、本当に良いのでしょうか?
いずれは必要となることは多くの国民皆さんのコンセンサスです、しかし歳出の見直しがまず先ではないでしょうか!
無駄の削減、公務員改革など、自民党ではもうできないだろうと民主党に託したのではないでしょうか?
それを結局すべて切り崩さないで増税を進めてしまえば、この先もきっと聖域とされかねません。

また、一年以上も経過した福島をはじめとした被災地の復興はどうすのか!?
多くのメディアでも特集が組まれ、議論がされていますが、離れた地では一歩外に出れば少なくともこれまでと変わらない生活に戻ってしまう。
永田町や霞が関でいくら考えても、また時々訪問するのでも、なかなか当事者意識を持って対策が講じられないのではないかと思います。
やはり対策本部や、これからの原子力とどう向き合うかなどの拠点は福島などの被災地に置いて進めることをしなければならないのではないかと考えます。
離れた東京でなんだかんだ議論するのでなく、
現地に集結して集中的に検討議論し、
この国難をどう切り抜け、
この経験を生かし日本は今後どのような道へ進むのかを決め、
それに向かって確実に進んでいくことが大事です。


お気に入りに追加
友達にメールで教える
伊藤公介トップ > トーク&トーク > 公友ニュースNo147町田版  8月15日
ボタン:ホームへ
ボタン:このページのトップへ
スタッフのブログを読むにはこのボタンをクリック
事務所の所在地・連絡先の一覧はこちらから
copyright © 2008 Kousuke Ito. All right reserved.
当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
produce by gigapromotionボタン:ホームへ