変わるべきニッポン、守るべき日本。自由民主党:衆議院議員伊藤公介

トーク&トーク
伊藤公介トップ > トーク&トーク > 公友ニュースNo148多摩版   8月15日
公友ニュースNo148多摩版   8月15日

公友ニュースNo148多摩版   8月15日

今年も8月15日終戦の日を迎えました。
終戦から67年。
戦争の記憶を後世に伝えていかなければなりません。
また、唯一の被爆国であるという立場からの発信も日本の役目であると思います。

本年はオリンピックという国際大会が行われ、
何となく自国への高揚(ナショナリズム的)が起こりやすい時期もあったかもしれません、
隣国において領土にまつわる過激な行動が起こっています。
領土に関する事がらは、隣国との間には長年に渡り往々にして持ち上がって来たし、
今後も起こる可能性がある。
その事態を予想し、その対応策・戦略がないことに危機感の欠如があるのではないかと思う。

東京都の後追いで出てきた国が、その先に何を見ているのか!
何かが起こった時にその都度対応策を暫定的に考えるとすれば大変な間違いを起こし得ない。

しっかりとした国家感、
対外との対策(外交)、
また原子力発電など、
歴史を振り返り、
あらためて日本の未来を深く考える一日となった。

お気に入りに追加
友達にメールで教える
伊藤公介トップ > トーク&トーク > 公友ニュースNo148多摩版   8月15日
ボタン:ホームへ
ボタン:このページのトップへ
スタッフのブログを読むにはこのボタンをクリック
事務所の所在地・連絡先の一覧はこちらから
copyright © 2008 Kousuke Ito. All right reserved.
当サイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
produce by gigapromotionボタン:ホームへ